(old)SKOOTA TALK Journey


チョーヒカルの旅 #01 ゲスト:チョーヒカル

💬
・最近どうですか? ・死を意識すると逆に丁寧な暮らしになるしおひがり ・深淵を覗き続けながら作る人 ・悲しいこととモノを作ることがつながる ・悲しいことを隠さずに悲しいと言っていこう ・ポジティブシンキングが嫌いなしおひがり ・次の話題! ・仲良くないですけどねー(笑) ・こないだ別れた彼女と... ・チョーヒカルが恋のキューピット!? ・定期的に揉め事を起こすらしい ・仲裁が好きなしおひがり ・曖昧にしていくことの大事さ ・面白そうな選択肢があると絶対そっちを選んじゃう ・破壊された街を再生するしおひがり

チョーヒカルの旅 #02 ゲスト:チョーヒカル

💬
・絵によって救われてる ・アメリカに来てチョーヒカルが感じたこと ・現状維持バイアスの鬼であるしおひがり ・0か100で動くことのよさについて語るチョーヒカル ・占いの役割についてしおひがりが思うこと ・刺激をランダムに取り入れること ・他人から取り入れることで価値観が変わる ・まじでそれだが! ・ストレートに歌詞が刺さる ・多少収入を捨ててでも新たなチャレンジをすべきなのかの迷い ・作品の「質」が上がっていかなかった ・いわゆる成功にいくぞ、というタイミングにて ・しおひがりさん、アメリカに来ますか?

チョーヒカルの旅 #03 ゲスト:チョーヒカル

💬
・やばい女を追いかけるしおひがり ・アメリカの若い世代の恋愛事情 ・あとはなにかな〜 ・当たり前を疑うのがモットー ・フレームが有機物であるボディペインティング ・ワクワクの余白を残すこと ・語りすぎないことで汲んでほしいしおひがり ・余白を残すことによって伝わる人の数が変わってくる ・いい作品には余白が多いと思っている ・夜中に曲を聞きながら鍛高譚のしそ焼酎を飲んで涙する美大時代
 

松浦直紀の旅 #01 ゲスト:松浦直紀

💬
・漫画家を夢見る小学生は『大長編ドラえもん』が好きだった ・『AKIRA』は「暴力的で美しい」 ・バイブルになっている『寄生獣』 ・卒業制作の『ヒトしずく』は「世界の約束事を受け入れる少年」 ・お腹の中の小人さんの話「暗黙の了解についての僕の原体験」 ・演繹的に、前提に縛られる人類・音がモチーフになる松浦さんの作品 ・手塚治虫の『ブッダ』に感化される中学生 ・アニメの『AKIRA』が持つ情報量がいまのアニメづくりにつながる? ・AKIRAにおける芸能山城組のパワー ・『月たちの朝』『ヒトしずく』に楽曲参加してくれた兄蔵さん ・「映画の半分は音楽だ」by 押井守監督 ・宇宙で自分しか気づいていないこと ・『月たちの朝』の原体験は、電話オペレーターをしていて思ったこと

松浦直紀の旅 #02 ゲスト:松浦直紀

💬
・「日本のアニメが培ってきたものが何も活かされてねーよー」by 今敏監督 ・今敏監督にズバッと言われたこと ・相原信洋さんからかけられた言葉 ・日本のアニメ環境における「意味がわかる」ということ ・「楽しい」や「わかりやすい」だけじゃない価値があっていいと思う ・残っていくものは表現だし、それは身体性に紐づいている ・悪役を描きにくい時代 ・『コングレス未来学会議』は視聴者に考えることを要求する映画だった ・『ファイブスター物語』にハマった ・大学出たての時期に体験した押井守監督とのエピソード ・「監督」という在り方への勇気をもらった ・制作進行をやっててよかった! ・Production I.Gでの4年間を振り返って ・押井守監督と竹内敦志さんとのエピソード ・「やりたいことは次にとっておけばいいじゃない」 ・スタッフみんなから好かれる押井守監督

松浦直紀の旅 #03 ゲスト:松浦直紀

💬
・『火づくり』について ・鍛冶シーンから伝わる説得力 ・一人プロデュース一人監督で作り上げた作品 ・UQiYOさんの参加エピソードについて ・作品と身体性の話を「火づくり」を基にしてみよう ・機械文明の発達と旧文明の対比構造から見る失われている身体 ・そこで失われていくものを拾い上げたい ・鋏の切れ味に感動する ・身体と物体の間で生まれるもの ・150年続いてきたものを観察すること ・かっぴーさんとのプチクラファン話 ・美しいものが増えるより、美しいと感じる心が増えるほうがいい ・来年2024年公開の作品に向けて頑張ってます
 

アソビヅクリの旅 #01 ゲスト:アソビヅクリ

💬
・アニメーターからスタートした山本さんだったが... ・Twitterで繋がった山本さんと下田さん ・子供の頃の夢が詰まったガラクタ町 ・ファンタジー作品を摂取してきた ・サマーウォーズを見て目指したアニメ業界 ・バイトをしながら絵を描いていた下田さん ・アニメ業界に属さずにアニメを作るということ ・アニメーションの尺についての衝突
 

アソビヅクリの旅 #02 ゲスト:アソビヅクリ

💬
・自主制作アニメを作ろうと思った経緯 ・井の頭公園での二人のスケッチ会 ・アニメ業界でアニメを作ってみて感じたこと ・ハイリスク・ローリターン ・下田スケッチであることでバランスが取れた
 

アソビヅクリの旅 #03 ゲスト:アソビヅクリ

💬
・アソビヅクリの二人にとっての遊びとは? ・熱中できること ・構造理解ができること ・スケッチを通じて対象物の身体性を獲得する ・遊びができる場を作るということ ・アソビヅクリが考える物語について
 

しおひがりの旅 #01 ゲスト:しおひがり

💬
・チープアーティストとは? ・おもしろ肩書の時代でうまれたネーミング ・USTREAMを楽しむ大学生時代で生まれた表現欲 ・2010年代にあったネットで一緒に作られていくクリエイティブ ・しおひがりさんの人生のエンディングテーマである「LOVER SOUL」 ・常にエピソードトークを狙う姿勢 ・4年制の大学生〜素材メーカー社会人時代の中で紡いでいくクリエイティブ ・合理的で効率的な就職の選択 ・社会人5年目あたりから始まったTwitter連載を期に

しおひがりの旅 #02 ゲスト:しおひがり

💬
・いつかはクリエイター1本で生活していきたいと思いながら ・Twitter発のクリエイターが盛り上がって来ていた流れに乗れた ・成功には運が必要だと思う ・パチンコ台を変えていく ・しおひガールズについて ・SNS時代のクリエイティブの振る舞いについて ・効率と合理のしおひがりさんから現在のクリエイティブはどう映る? ・弱者の生存戦略をとっている ・普通だと思った能力が普通ではなかった ・最終的にはたとえ話のみで話をしたい
 

しおひがりの旅 #03 ゲスト:しおひがり

💬
・ハイコンテクストなクリエイティブについて ・俵万智さんの言葉を参考に ・常に時代のいい塩梅を狙ってる? ・あだち充作品のいい塩梅とは? ・細かく語らないことによって不安はない? ・死神に隙を見せること ・今取り組んでいるwebtoonについて ・しおひがりさんの作品は和歌に近い?
 

水江未来の旅 #01 ゲスト:水江未来

💬
・アニメーションにおけるノンナラティブな表現とは? ・映画祭で自身の作品がノンナラティブ部門で上映されていた ・「物語」がない作品ではなくて「物語」を作品の柱に置いていない作品という解釈 ・ジャンルとか気にせず好きなものを作り続けている ・転ぶと痛いし柔らかいものは心地いい ・ジュラシックパーク、ターミネーターからのリュミエール兄弟 ・映画は物語だけじゃなくて瞬間の体験もある ・映画の中に散りばめられてる忘れられない体験が好き ・ある夏の日、ビニールプールでコンビナートを模して監督した怪獣映画ごっこ遊び ・ジェダイの帰還を劇場で観た記憶 ・映画が大好きな両親の元で ・高校三年生でファントムメナスを観るために劇場に並ぶ ・劇場空間というアナログへの憧憬・T-1000を見た衝撃 ・異質なものや奇妙なものが見たい ・ETERNITYのインタビューより ・短い尺の中で実験的に奇妙なものを作る ・20分寝させないものをノンナラティブで作るためのライド型 ・映画が終わったときに映画館にいたことを気付かされるということ ・ETを見た後の自転車爆走の夜
 
水江未来 aboutme
Into Animation 8

水江未来の旅 #02 ゲスト:水江未来

💬
・平面の大画面で主観映像を観るとVRになる ・「スパイダーバース」における映像の快楽性 ・ノンバーバルの価値とは ・言葉で伝え合うときの曖昧性 ・ドイツで「WONDER」を見てくれた女性からの言葉 ・ノンバーバルは見た人に自発的に何かを考えさせる効力があるのかも ・アンケートが苦手 ・「フラグルロック」の話 ・「水江西遊記(仮)」について ・いま、西遊記をやるということ ・人間がどう生きていくのか、世界をどう認識するのか
 
水江未来 aboutme
Into Animation 8
 

水江未来の旅 #03 ゲスト:水江未来

💬
・「License of Love」について ・たくさんのキャラクターを出すこと ・生きること、死ぬことの拡大がテーマ ・子供のときに読んだ学研の科学より ・Twoth(トゥース)さんの曲について ・イントゥーアニメーション8の曲も作ってくれている ・イントゥーアニメーション8のプラグラムについて ・アニメーションがより面白い時代になってきている ・アニメが横断し始めて、混沌としているが刺激的である
 
水江未来 aboutme
Into Animation 8
 

ミチノク峠の旅 #01 ゲスト:ミチノク峠

💬
・かずのこさんからミチノク峠さんへ ・アニメ映像を志すきっかけ ・3DCGのクオリティを上げる要因は2Dアニメーションに土台があると気づく ・ディズニーピクサーのストーリーボードが魅力的だった ・日本人気質であるということ ・カットに漂う空気感を大事に制作する ・ブラザー・ベアからもらったインスピレーションの源 ・日本版ブラザー・ベアを作りたい ・難しいテーマをエンタメでくるんで食べやすくする ・生きているものを描くのが楽しい ・自由で多様なものをつくりたいと思ったのでゲーム会社に入った ・会社の中でやれる人、やると有利なこと、フリーランスがいい人、やれることなど ・内なる自分の存在 ・卒業制作の大失敗
 
ミチノク峠 campfire
ミチノク峠 kickstarter
ミチノク峠 youtube
 

ミチノク峠の旅 #02 ゲスト:ミチノク峠

💬
・会社の先輩に教えてもらったこと ・焦らない、マインドフルネス、考えない ・考えないためのコツはあるのか ・嫌なことを棚に上げる、嫌なことに蓋をする ・グレーにすること ・感銘を受けたAiry MeのMV ・クリエイティブアイデアを発想するルーティンとは ・お題に対して調べまくる ・わかりにくいものをアートやクリエイティブの力で伝えやすくすること
 
ミチノク峠 campfire
ミチノク峠 kickstarter
ミチノク峠 youtube

ミチノク峠の旅 #03 ゲスト:ミチノク峠

💬
・クラウドファンディングをやってみての実感 ・当初は自分の力だけでやろうとしたが... ・スマートにやりきれないアニメ ・人間らしさやものづくりの本質の所在とは? ・AIの到来を通じて、我々が作品を通じてなにを見てるのか、求めているのか、がわかりやすくなったと感じる ・文脈の大事さが際立ってきている ・作品「ミチノク峠」について ・東北のアイデンティティ、東北っぽさを伝えたい ・「ミチノク峠」10話で伝えたいこと ・生まれながらにして制約が決まっている、ということ
 
ミチノク峠 campfire
ミチノク峠 kickstarter
ミチノク峠 youtube
 

room6木村さんの旅 #01 ゲスト:room6木村さん

💬
・ゲーム業界を目指していた学生時代だったが... ・業務系エンジニアの日々 ・iPhoneの登場とゲームへの思いの再燃 ・world for twoの音楽を作られている椎葉大翼さんについて ・インディーゲームにおける音楽の重要さ ・音楽、シナリオ、グラフィック、ゲームシステムが大切
 

room6木村さんの旅 #02 ゲスト:room6木村さん

💬
・様々なライフイベントを経て、独立起業へ
・インディーゲームイベントへの出展参加から加速するゲーム開発へのモチベーション
・京都の出町柳の風情のあるオフィスにて
・ゲームとマネタイズについて
・辛いときにアニメからもらった栄養
・ゲームが面白くなる最後のひと頑張り
・テストプレイヤーの重要性とジャッジの難しさ

room6木村さんの旅 #03 ゲスト:room6木村さん

💬
・映像のメディアフォーマットはリニアなメディアだが、ゲームは... ・インタラクティブ要素があるゲームは複雑系の極地 ・踏まえた上でのroom6、ヨカゼレーベルが提供したいもの ・hako生活さんとの出会いはピクセルアートイベント ・2019年から始めたパブリッシャー事業 ・自分の子供にように大切にゲーム作品を作る ・幻影APの開発はクリエイターの共創が素晴らしくよく進んだ ・最新作はできたときがリリースする時
 

しのの旅 #01 ゲスト:しの

💬
しのさんの経歴 / フリクリの幻影を追いかける日々 / フリクリの自由さ / 守るべき型を守り、破るときは破る / クリスマス映画がいい感じで終わる / 変わらない日常に現れたアニメや映画 / 大学に入るきっかけと結局静かな場所 / 埋め立て地の千葉にてしのさんが思った事 / 空を知らない鳥の話 / 諸星大二郎の「鳥を売る人」
胸の煙
the_Filmament
 

しのの旅 #02 ゲスト:しの

💬
ものの見方を変えられたきっかけの諸星大二郎 / だだっ広い土地へのあこがれと怖さ / 大学時代のチャレンジや思い出 / 在学時代の作画オタクの仲間 / 意図や意味を言葉にして伝えることの大事さを知る / 物語とMV / 表現と物語性 / 心の動きと体の動き / 最高潮の瞬間に自由と力を与えたい / メリハリと耐えムーブ
胸の煙
the_Filmament

しのの旅 #03 ゲスト:しの

💬
怪獣ものはボーイミーツガールだと思っている / 水はどのように流れたいのだろう / 何となく書くということができない / 得意なもの好きなものをやり続ける大事さ / 作ったキャラに恋して欲しいから布教活動する / グローバルに向けるとフェチも大多数になる / 音無しでも見れるジョージ・ミラー作品 / 音がない一瞬の映像で共感を作る
胸の煙
the_Filmament
 

JINOの旅 #01 ゲスト:JINO

💬
アニメと細密画 / 高校の話 / SNS時代のクリエイター / 少し先の未来の話 / 大きいプロジェクトを大きいチームで行うこと

JINOの旅 #02 ゲスト:JINO

💬
大学の生活について / オンライン vs 対面での学び / 困難に感じたこと / チームでのコミュニケーション / SNS経由でのお仕事獲得 / インディーアニメのハッシュタグ / 好奇心を持って観察すること

JINOの旅 #03