「KPOP Chit-chat的2023KPOP総まとめ&2024KPOP大展望(後編)」Monthly KPOP Chit-chat #05

2024.2.12

「KPOP Chit-chat的2023KPOP総まとめ&2024KPOP大展望(後編)」

前回の#4で言及したKPOP音盤バブルは終焉に近づいているか否か。
結論から言うと、2月時点でカムバックしたグループの数字を見るに、終焉したとは言い難い。
今年に入り1月にカムバックした有名なガールズグループはITY、NMIXX、(G)-IDLEの3組。
この中で音盤自己記録を更新したのは、(G)-IDLEの1組のみ。
ITZYは前作82万枚から今作は約32万枚、NMIXXは前作103万枚から今作は約62万枚と初動売り上げが前作から大幅にダウンしてしまった。
こう書くと、あたかもKPOP音盤バブルが終わったと錯覚してしまいそうだが、(G)-IDLEは前作67万枚から今作は116万枚と大幅アップし、グループ初の初動ミリオンを達成。
要するに2024年は2023年以上にトップグループとそれ以外のグループの差が顕著になっていく傾向にあるのだ。
 
現在、KPOPガールズグループは5強と言われており、NewJeans、IVE、aespa、LESSERAFIM、(G)-IDLEがそれにあたる。
これらのグループは初動ミリオンを達成してるだけでは無く、音源チャートも激強なのが特徴。
KPOPでは音盤売上がオタク人気で、音源チャートが大衆人気の指標と言われている。
今の時代、CDを買うのはオタクしかいない。一般の人はサブスクで聞くか、ダウンロードして聞くかの2択。
 
要するにCDが売れているからといって大衆に曲が知られているかと言うとそうでは無いのだ。
日本で考えてみると分かりやすいのだが、AKB48はいまだにCDがメチャクチャ売れているが、
全盛期の「ヘビーローテーション」や「恋するフォーチュンクッキー」程の知名度のある曲を今は出すことが出来ていない。
反対にAdoやYOASOBIはAKB48ほどCDは売れていないが、一般大衆への曲の認知度は凄まじい。
先ほど記したKPOPガールズグループ5強はAKB系のCD売上とAdo、YOASOBI並みの曲の知名度を持っていると説明すれば、いかに凄いかが容易に想像出来るだろう。
 
つまり、2024年も5強は相変わらず音盤バブルが続きミリオン連発するだろうが、それ以外のグループは通常の数字に戻ると著者は見ている。
ボーイズグループも同じようにトップ集団は相変わらずミリオン連発するだろう。
前回触れたようにファン側が疲弊しているのは間違いない。
それでも、推しのために歯を食いしばってCDを大量に買うことが出来るファンダムは今年も確実にいなくならない。
この1ヶ月でそのことがよく分かったような気がする。
 
著者の「一旦休憩してみない?」の呼びかけはトップグループのファンには鼻で笑われたね。
「私たちは行けるとこまで行く!」と(G)-IDLEのファン達が先陣を切ってそれを教えてくれた。
それならば、こっちとしてはもう言うことはなくその動向をただ見守るのみ。

「今年も熱い戦いファイティン!」

と、心ばかりのエールを彼ら、彼女らに送ろうと思う。
 

そして、最後に2024年ガールズグループ5強に食い込む可能性のあるグループを3つ紹介したい。

まずはYGエンターテイメントがBLACKPINK以来7年ぶりにデビューさせた日本人メンバー2人を含む7人組ガールズグループBABYMONSTER。
CDデビューはまだだが、昨年11月に出したデジタルシングル「BATTER UP」のMVが早くも2億再生を超え、NewJeans登場以降、ガルクラは終わったと言われ始めていた昨今、彼女らの登場によりガルクラ再ブームが巻き起こってもおかしくない。
4月1日に1stアルバムをリリース予定なのだがどこまで成績を伸ばすかが今から楽しみだ。
 
 
2組目は、これまたガルクラ再ブーム巻き起こすかもしれないグループ。
BLACKPINKのプロデューサーTEDDYが立ち上げたレーベルThe Black Labelがガールズグループを今年上半期デビューで準備していると予告。
BABYMONSTERはYG所属でありながらTEDDYはノータッチ。
そういう意味ではTEDDYがプロデュースするThe Black Labelの新人グループこそがBLACKPINKの正統後継となるのかもしれない。
 
 
そして、3組目はMnetで今年4月から放送されるオーディション番組「I-LAND2」からデビューするガールズグループだ。
ENHYPENを生んだ「I-LAND」の女性版で、何とマスタープロデューサーとしてTEDDYの参加が発表されたのだ。
つまり、BLACKPINKが7年を超え、活動が一段落した2024年に時を見計らったようにBLACKPINKの後継者となり得るガルクラグループが一気に3組デビューする事になる。
BLACKPINKを生んだYGが手掛けるBABYMONSTERか、はたまたBLACKPINKプロデューサーのTEDDYが手掛けるまだ見ぬ2組のグループか。
2024年はガルクラ復権の年になる。
この予言が当たるか否か。
その答えはKPOPの神のみぞ知るー。
 
SKOOTA KPOP部