松浦直紀

松浦直紀

 
松浦直紀(マツウラナオキ)
アニメーション監督、演出家、アニメーション作家として活動中
日本アニメーション協会会員
1982年東京都生まれ、神奈川県在住。
2006年武蔵野美術大学映像学科卒業。
ポリコンピクチュアズ、プロダクションIG、ROBOT...などで制作進行職を勤めた後、独立。
TV、CM、MV、展示やライブ映像など、多様な映像・アニメーション制作を経験する。
2016年ミラノ万博・日本館展示映像の演出を担当し、同プロジェクトは万博内で金賞を受賞。
商業作品のアニメーション演出家としては「マルコメ味噌アニメCM」が最初期となる。
以降はTVシリーズアニメのコンテ・演出業も行う。
2016年、オリジナル短篇作品「火づくり」のクラウドファンディングを実施。
170万円を超える支援金を集めて、2021年に完成。
イベントでの上映や、ネット配信、映画祭への出品などを行い、国内外でノミネートや受賞をする。
2023年OAのテレビアニメ「ライアー・ライアー」で監督を勤める。
現在は2024年公開予定の劇場アニメーションの監督を勤める。
 

SKOOTA TALK Journey


SKOOTA ARTICLE


#01
💡
・漫画家を夢見る小学生は『大長編ドラえもん』が好きだった ・『AKIRA』は「暴力的で美しい」 ・バイブルになっている『寄生獣』 ・卒業制作の『ヒトしずく』は「世界の約束事を受け入れる少年」 ・お腹の中の小人さんの話「暗黙の了解についての僕の原体験」 ・演繹的に、前提に縛られる人類・音がモチーフになる松浦さんの作品 ・手塚治虫の『ブッダ』に感化される中学生 ・アニメの『AKIRA』が持つ情報量がいまのアニメづくりにつながる? ・AKIRAにおける芸能山城組のパワー ・『月たちの朝』『ヒトしずく』に楽曲参加してくれた兄蔵さん ・「映画の半分は音楽だ」by 押井守監督 ・宇宙で自分しか気づいていないこと ・『月たちの朝』の原体験は、電話オペレーターをしていて思ったこと
#02 Coming Soon
💡
・「日本のアニメが培ってきたものが何も活かされてねーよー」by 今敏監督 ・今敏監督にズバッと言われたこと ・相原信洋さんからかけられた言葉 ・日本のアニメ環境における「意味がわかる」ということ ・「楽しい」や「わかりやすい」だけじゃない価値があっていいと思う ・残っていくものは表現だし、それは身体性に紐づいている ・悪役を描きにくい時代 ・『コングレス未来学会議』は視聴者に考えることを要求する映画だった ・『ファイブスター物語』にハマった ・大学出たての時期に体験した押井守監督とのエピソード ・「監督」という在り方への勇気をもらった ・制作進行をやっててよかった! ・Production I.Gでの4年間を振り返って ・押井守監督と竹内敦志さんとのエピソード ・「やりたいことは次にとっておけばいいじゃない」 ・スタッフみんなから好かれる押井守監督
#03 Coming Soon
💡
・『火づくり』について ・鍛冶シーンから伝わる説得力 ・一人プロデュース一人監督で作り上げた作品 ・UQiYOさんの参加エピソードについて ・作品と身体性の話を「火づくり」を基にしてみよう ・機械文明の発達と旧文明の対比構造から見る失われている身体 ・そこで失われていくものを拾い上げたい ・鋏の切れ味に感動する ・身体と物体の間で生まれるもの ・150年続いてきたものを観察すること ・かっぴーさんとのプチクラファン話 ・美しいものが増えるより、美しいと感じる心が増えるほうがいい ・来年2024年公開の作品に向けて頑張ってます