【チョーヒカルの旅】#03 02 当たり前を疑うのがモットー

 
・やばい女を追いかけるしおひがり ・アメリカの若い世代の恋愛事情 ・あとはなにかな〜 ・当たり前を疑うのがモットー ・フレームが有機物であるボディペインティング ・ワクワクの余白を残すこと ・語りすぎないことで汲んでほしいしおひがり ・余白を残すことによって伝わる人の数が変わってくる ・いい作品には余白が多いと思っている ・夜中に曲を聞きながら鍛高譚のしそ焼酎を飲んで涙する美大時代
 
ゲスト:チョーヒカル
ペインティングアーティスト 2016年 武蔵野美術大学卒業 2021年 Pratt Institute 修士課程を卒業 体や物にリアルなペイントをする作品で注目され国内外で話題になる。笑っていいともを含む多数のメディア出演に加え、Samsung、Amnesty International、資生堂など企業とのコラボレーションや、国内外での個展、イラスト制作、衣服デザイン、アートディレクション、番組企画など多岐にわたって活動している。近年出版されペイント絵本「じゃない!」はヒバカラス賞、サクラメダル賞受賞に加え緑陰図書にも選ばれた。著書は絵本4冊の他に作品集、イラスト図誌、漫画、エッセイ集がある。
 
チョーヒカルさんのまとめはこちら