sazanami about

さざ波の少女たち

懐かしさの残る小さな港町。

そこにあるのは夕暮れには明かりが灯る住宅街、

おしゃれなビーチなんかなくて、港にあるのは漁船ばかり。

ここで生まれ育った若者たちは、

進学や就職を理由に殆どが街を出ていく。

都会みたいな大型ショッピングモールなんかないけれど、

道行くみんなが顔見知りってほど田舎でもない。

 

This is a small, nostalgic port town where houses lit up at dusk,

and fishing boats fill the harbor instead of trendy beaches.

Most young people born here leave away for study or work.

There are no big shopping malls like in the city,

but it is not so rural that everyone on the street knows each other.

 

青森市にほど近い、北端の小さな町に暮らす少女たちの物語を、

気鋭のイラストレーター 相馬路子が描きます。

イラストと詩を毎週更新するほか、短編映画も準備しています。

 

The story of girls living in a small town on the northern edge of Japan,

close to Aomori City,

The stories are illustrated by Michiko Soma, a promising young illustrator.

In addition to weekly updates of illustrations and poems,

a short film is also in the works.

監督のアイコン画像

相馬路子 / toubou.

1999年11月10日生まれ。

青森県青森市出身。

東北芸術工科大学美術科洋画コース卒業。

「大人になりなさい」と周りは言うけれど、悲しい時は大泣きしていいし、嬉しい時はわたしも一緒に踊るし、そういうありのままでいられる場所をつくりたかった。帰る場所があることは、何よりも救いになることをわたしは知っている。

 

Soma Michiko / toubou.

Date of Birth: November 10, 1999

Place of Birth: Aomori City, Aomori Prefecture, Japan

Education:Bachelor of Fine Arts, Western Painting Course, Tohoku University of Art and Design, Graduated 2022

 

While others may say 'grow up,' I wanted to create a place where I can be myself, where I can cry a lot when I am sad, and I can dance along with you when you are happy. I understand that having a place to come back to is the greatest comfort of all.

Michiko Soma

©️SCOOTER FILMS / Michiko Soma

projected by SKOOTA